ダイエットを運動で成功させる方法 » 運動について » カタボリックホルモンとアナボリックホルモン

カタボリックホルモンとアナボリックホルモン



グルテンフリーダイエット ← 今、世界のセレブやスーパーモデル達に大流行の、ストレスを感じないダイエット



 今回は、前回のダイエットにおける有酸素運動と無酸素運動の注意点2で触れた、カタボリックホルモンと、それに対抗するアナボリックホルモンについて解説します。
 多少、専門的な内容ですが、少々お付き合いください。


 まず、カタボリックとは、筋肉を分解してエネルギーに変えてしまうことを意味します。
 当然、この作用は筋肉量を減らすことにつながります。
 これに対して、アナボリックとは、筋肉を合成することを意味します。
 これは、筋肉量が増えるということです。


 カタボリックホルモンの代表的なものに、前述したコルチゾールがあります。これには、筋肉などのタンパク質を分解する作用があります。
 アナボリックホルモンの代表的なものは、テストステロン、成長ホルモン、インスリンなどです。
 これらはタンパク質を合成する作用があります。


 カタボリックホルモンであるコルチゾールは、ストレスに関係しているホルモンで、精神的や肉体的なストレスを感じたときに、副腎皮質から分泌され、私たちをストレスから守ってくれます。
 ということは、ストレスだらけの現代においては、ほとんど一日中分泌されますね。


 前述しましたが、まことにやっかいなことに、コルチゾールは運動中にも分泌されます。
 従って、筋肉を大きくしようと思ってトレーニングをしているのに、そのトレーニングが肉体に与えるストレスのためにコルチゾールが分泌され、それによって筋肉は分解され小さくなっていくということになります。(トレーニング中は、アナボリック作用のある成長ホルモンも同時に分泌されるのですが、コルチゾールはこの分泌も邪魔します。)


 そこで、筋肉を効率良く肥大させるためには、カタボリック効果のあるコルチゾールの分泌を少なく抑え、アナボリック効果のあるホルモンを優位にする必要があります。


 その方法のひとつとしては、”アナボリックホルモンのインスリンを分泌させて、カタボリックホルモンであるコルチゾールが優位にならないように阻害する”という方法が考えられます。


 皆さんご存知のように、インスリンは、食後血糖値が上がったときに分泌されるホルモンで、多量になった血液中の糖質を細胞内へ取り込んで、血糖値を下げる働きを持っています。
 このインスリンの働きは、糖質の他に、タンパク質においても同様に細胞内に取り込みます。
 これは、タンパク質の材料であるアミノ酸の細胞内への取り込みを促進させて、タンパク質合成を活発化させるということです。
 もともと、カタボリックホルモンのコルチゾールは、体内の糖質やタンパク質などが不足している場合に、ストレスに対抗するエネルギーを生成するために分泌され、その作用により筋肉を分解してしまいます。
 従って、インスリンの作用により、細胞内に十分な糖質やタンパク質を補給することができれば、カタボリック作用のあるコルチゾールの分泌を減らすことができるのです。
 また、インスリンにはタンパク質の分解を抑制する作用もありますから、トレーニングに際してインスリンの分泌は有効な働きをすると考えられます。


 これらのことから、ダイエット効果を上げたいからといって、低血糖、低栄養状態で、闇雲にトレーニングをすることは、かえって基礎代謝量を減らしてしまうリスクがあることを良く理解しなくてはいけません。






 今回の記事は参考になりましたでしょうか。
 お気に召した方はブログランキングの投票にご協力をお願いします。
 ↓クリックで1票入ります。
にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
にほんブログ村



短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”



ダイエットブログ<ダイエットを運動で成功させる方法>

運動について

最新記事

 

Copyright(c) 2013 ダイエットを運動で成功させる方法 All Rights Reserved.