ダイエットと有酸素運動



グルテンフリーダイエット ← 今、世界のセレブやスーパーモデル達に大流行の、ストレスを感じないダイエット



 運動によるダイエットの基本についての記事で触れたように、運動の種類は有酸素運動と無酸素運動に分けることができます。
 有酸素運動はその名が示すとおり酸素を必要とする運動形式で、運動中に酸素を体内に取り込みながら、体内に貯蔵されている脂肪分を酸化させて(燃焼ともいいます)その運動のエネルギーとして活用します。


 通常、運動をする際は糖分と脂肪分がそのエネルギーとして使われます。
 運動の種類、仕方によってこれらの使われ方のバランスは変わりますが、有酸素運動を行なうと、その運動のために使用(代謝)されるエネルギー源が主に脂肪になるということです。
 言い換えれば、有酸素運動をした場合の運動で代謝されるものは脂肪であるということができます。(脂肪を代謝するためには僅かな糖分も必要になります)
 これに対し無酸素運動での運動代謝は糖が主に使われますから糖代謝です。


 このように、脂肪を代謝してエネルギーを得ることを脂肪代謝といい、糖分を代謝してエネルギーを得ることを糖代謝といいます。
 有酸素運動は主に脂肪代謝によってエネルギーを得、無酸素運動は主に糖代謝によってエネルギーを得ているといえば解りやすいでしょうか。
 従って、有酸素運動は脂肪代謝を利用してエネルギーを得ているわけですから、身体に貯蔵された脂肪を減らすためには大変効果的な運動といえます。
 故に、運動代謝によってダイエットをするのであれば、この有酸素運動が理想的です。
 もっとも代表的な有酸素運動は、ご存知のとおり持久走です。
 持久走の選手は皆スリムですよね。


 しかし、身体の各部に蓄えられている脂肪分は、身体中のあらゆるところに存在し、このすべてをエネルギー量として考えれば膨大な量になり、簡単に枯渇するようなことはありません。
 また、脂肪代謝により生成されたエネルギーは非常に長い時間の運動をささえることができるもので、逆にいえば、なかなか脂肪は減らないということです。
 ごく近年までの人間の歴史は飢餓との戦いです。
 おそらく、人間の進化の過程で、原始時代からの過酷な環境を生き抜くためにこのような脂肪代謝のメカニズムが備わったと考えられます。
 例えば、ちょっと運動しただけですぐに脂肪が減ってしまい、身体に蓄えられているエネルギーがなくなってしまうようでは、人間はすぐに飢え死にしてしまいます。


 因みに、朝昼晩と空腹感がおこるのは、体内のエネルギーが枯渇してしまったわけではなく、肝臓に蓄えられている糖分が時間とともに減ることによって、空腹感を感じるようにプログラムされているからです。
 実際は運動量に換算すると、途方もない量のエネルギーが体内に脂肪という形で残されています。


 運動によるダイエットを成功させるためには、有酸素運動を取り入れることは非常に重要です。
 通常の生活だけではなかなか減らすことのできない脂肪を減らしてくれます。
 しかし、十分な量の脂肪を減らすためには、有酸素運動を継続する時間および期間も十分でなければ、当然その効果は現れません。
 ダイエットは楽しく運動での記事でも触れましたが、その運動を継続できるかがダイエット成功への一番のポイントになります。






 今回の記事は参考になりましたでしょうか。
 お気に召した方はブログランキングの投票にご協力をお願いします。
 ↓クリックで1票入ります。
にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
にほんブログ村



短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”



ダイエットブログ<ダイエットを運動で成功させる方法>

運動について

最新記事

 

Copyright(c) 2013 ダイエットを運動で成功させる方法 All Rights Reserved.