ダイエットと食事制限



グルテンフリーダイエット ← 今、世界のセレブやスーパーモデル達に大流行の、ストレスを感じないダイエット



 これまでに、無理な食事制限の引き起こす問題について、少しずつですが触れてきました。
 消費カロリーより摂取カロリーを少なくすれば、痩せていくのは必然的なことですから、多くの方が、安易に食事制限を取り入れようと思う気持ちはよく理解できます。
 もちろん、どんなダイエット方法でも、消費カロリーより摂取カロリーが多ければダイエットは成功しませんから、運動によるダイエットをしっかり行ったとしても、消費分以上のカロリーを摂取していたら痩せることはできません。


 従って、摂取カロリーを管理することは、どのようなダイエット方法であっても非常に大切です。


 しかし、運動によるダイエットは、運動をすることにより消費カロリーを増大させてダイエットにつなげる方法ですが、それに対し食事制限のみのダイエットは、食べ物を我慢して摂取カロリーを抑えることでダイエットをしようとする方法です。
 もちろん、どちらも痩せることにはつながるのですが、後者の場合、通常ほとんどの方がこの食事制限によって、身体に必要な栄養素も不足させてしまいます。


 人間は、身体のために必要な栄養を摂取できない期間が長くなれば必ず体調を崩します。
 もちろん、美容にも悪影響を及ぼしますし、精神的にも良い状態を保てません。
 このようなことでは、ダイエットの継続は難しいものになってしまうでしょう。


 食事制限自体が悪いといっているわけではありません。
 食事制限自体は、補助食品などを上手に活用し、しっかりとした知識を持って、正確に計算をし実行すれば、もちろんダイエットの成功に大きな貢献をします。
 しかし、闇雲な食事制限は上記のようないろいろな問題を引き起こしますし、効果が十分に上がらない原因にもなります。


 そこで、以下に、食事制限の際に気をつけなければいけないこと、知っておきたいことを説明します。
 ダイエットを成功に導くための参考にしてください。


 まず第一に、カロリー摂取量が少ない状態が続くと、身体がその飢餓状態に危機を感じ、カロリー消費量を減らそうと筋肉を分解し始めます。
 急激なカタボリック作用が起こることになるわけです。(カタボリックについては、カタボリックホルモンとアナボリックホルモンを参照して下さい。)
 これは、基礎代謝により大きなエネルギーを消費する筋肉を減らすことで、少しでも長く生きようとする人間の本能として備わった能力でしょう。
 もちろん、これにより基礎代謝での脂肪燃焼量は減ることになり、カロリーを消費しにくい痩せにくい身体になっていきます。
 これは、人に備わったホメオスタシス機能によるものです。(ホメオスタシスについては、ホメオスタシスの罠、ダイエットの停滞期についてを参照して下さい。)
 当然、食事制限以前と同じ量の食事を取れば、より太ることになります。
 これを避けるためには、食事の回数を増やし、身体に飢餓状態を感じさせないことが大切です。
 そのかわりに一回の食事量は減らさなくてはいけません。
 食事の間隔を短くすることにより、身体に飢餓状態を感じさせないことができれば、筋肉の分解を最小限に抑えることができます。
 以上のことからも、特に食事の仕方について気をつけたいことは、一回分の食事を抜いて、カロリー計算上は一緒だからといって、その分をまとめて食べるというような食事の仕方をしてはいけないということです。
 前述したように、食後、血糖値が上がることでインスリンが分泌され、その作用によって血液中の糖質は細胞内に取り込まれます。
 この時、筋肉や肝臓などに蓄え切れない分は、脂肪として脂肪細胞に蓄えることになります。
 当然、二回分の食事を一回ですれば、余剰分は多量になるはずですから、脂肪として蓄えられる量は多くなるということです。


 また、私たちの身体はタンパク質からできています。
 タンパク質が不足すると、筋肉は、その材料が足りないのですから当然大きくなることができません。
 また、前述したカタボリックの作用は常に起こっていますから、適切にタンパク質を摂取しておかないと筋肉は痩せる一方です。
 効果的なタイミングで、目的に応じたプロテインサプリメントなどを利用し、身体の材料であるタンパク質の不足を避けなくてはいけません。
 運動によるダイエットとプロテインで詳しく説明していますので、参考にして下さい。


 そして、運動によってダイエットをする際には、糖質の不足も避けなくてはいけません。
 食事制限というと、糖質の摂取を減らしたくなる気持ちは良く解るのですが、もともと糖質がなければ、運動はできませんし(運動初期では常に糖質がエネルギーになります)、脂肪も燃焼しません(燃焼のためには糖質が必要です)。
 また、脳も働きません(脳は基本的には糖質しかエネルギーにできません)。
 糖質が不足すれば運動どころではないわけです。(糖質の必要性については、ダイエットに炭水化物の摂取が必要不可欠な理由についての記事でも詳しく説明していますので、こちらも参照して下さい。)
 しかし、糖質の種類や、摂取のタイミング、摂取量には気をつけなければいけません。
 一気に血糖値が上がるようだと、インスリンの作用によって蓄え切れない糖質は脂肪になってしまいます。
 できるだけ緩やかに消化吸収されるように、炭水化物食品や果糖などの糖質を摂取することが理想です。
 果糖は他の糖類と違い、インスリンの分泌をごく少量に抑えることができます。
 従って、インスリンの作用による脂肪溜め込みが起こりにくい糖質と考えることができます。






 今回の記事は参考になりましたでしょうか。
 お気に召した方はブログランキングの投票にご協力をお願いします。
 ↓クリックで1票入ります。
にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
にほんブログ村



短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”



ダイエットブログ<ダイエットを運動で成功させる方法>

食事について

最新記事

 

Copyright(c) 2013 ダイエットを運動で成功させる方法 All Rights Reserved.