ダイエットを運動で成功させる方法 » 食事について » ダイエットにおけるタンパク質摂取の必要性について

ダイエットにおけるタンパク質摂取の必要性について



グルテンフリーダイエット ← 今、世界のセレブやスーパーモデル達に大流行の、ストレスを感じないダイエット



 これまで食事制限などでタンパク質の摂取が不足すると効率の良いダイエットにつながらないということを幾度も説明してきました。
 しかし、これまでに説明をしてきたこと以外にもタンパク質の不足が身体にもたらす悪影響は数多くあります。
 そこで今回は、タンパク質不足の悪影響について補足の説明をしたいと思います。


 人の身体の基本的な骨組みはタンパク質によって作られています。
 このタンパク質は構造タンパク質と呼ばれ、骨、筋肉、皮膚、歯、爪、毛髪など私達の身体の各部位を構成しています。
 また、人の身体の中にはこれとは別に、機能タンパク質と呼ばれるものが存在しています。
 これは、摂取した食品を消化するなど身体の中で行なわれる化学反応などに関わっています。


 これらのタンパク質は、新陳代謝により身体の中で常に分解と合成が繰り返されて、古いものから新しいものへと入れ替わることになるのですが、その合成のタイミングでタンパク質(実際はその材料となるアミノ酸)が不足していると、十分な量の材料が確保できないわけですから必要なタンパク質を合成することができず、さまざまな不都合が身体に現れてしまいます。


 例えば、構造タンパク質が十分に作られなければ、骨や歯などが脆くなったり内臓や血管が弱まり肉体的な健康状態を悪化させることにもなりますし、皮膚が荒れたり毛髪がダメージを受けるなど美容面にも関係してきます。


 また、食事制限によるタンパク質摂取の不足が、筋肉の発育を滞らせることは前述したとおりです。
 これにより、運動によるダイエットに欠かせない基礎代謝での脂肪燃焼の効率が悪くなることは言うまでもありません。


 そして、人間は摂取した食品の消化吸収を機能タンパク質である酵素に頼っています。
 食品を消化するための酵素を消化酵素と呼びますが、この消化酵素も食品として摂取したタンパク質から体内で作られたものです。
 消化酵素は、摂取したタンパク質を消化して再び合成するためになくてはならないもので、これらの不足は、体内に取り込まれるタンパク質の量を減らしてしまう危険があります。
 従って、タンパク質の摂取が足りなければ消化酵素を不足させることにつながり、消化酵素の不足は、摂取したタンパク質を消化する能力を低下させてしまうことでさらに体内に吸収されるタンパク質を不足させるといった負のループを構成することになってしまいます。


 そしてこの他にもタンパク質不足は、貧血になる、代謝が悪くなるなどといった問題を引き起こします。
 これは、運動によるダイエットには大敵です。


 有酸素運動にとって欠かせない”酸素”は血液中のヘモグロビン(これも機能タンパク質です)と結合し血液によって運ばれるものですから、貧血状態では十分な酸素を取り入れられず運動の効果が上がりません。
 もちろん、貧血では運動を行なうこと自体が大変なことでしょう。
 そして、代謝が滞れば、脂肪の燃焼や筋肥大の効率も悪くなるでしょうから、当然効率は悪くなる一方です。


 また、免疫機能として働く抗体もタンパク質でできていますから、細菌やウイルスに感染しやすくなるといった問題もでてきます。
 この抗体が外部から侵入してくるウイルスと闘ってくれることで、我々は健康状態を維持することができています。
 しかし、材料となる十分なタンパク質が身体の中にないと抗体も作れません。


 さらにタンパク質は、神経伝達物質の材料にもなりますから、タンパク質が不足することは感情の豊かさをも奪ってしまいます。


 このように、タンパク質の不足は深刻な影響を身体に与えますから、ダイエットの結果を早く出したいと思っても、決してタンパク質の摂取量を減らしたバランスの悪い食事制限は行なってはいけません。


 ただし、運動によってダイエットをするとした場合、一日のタンパク質の摂取量は体重のキログラムの単位をグラムに変えて、1から1.5を掛けた範囲です。(標準的な数値は0.7程度です)
 体重60kgの人であれば、1日の摂取量の目安は60gから90gということになります。
 タンパク質が身体にとって必要不可欠だといっても過剰摂取は肝臓や腎臓に負担をかけ、体調の悪化につながります。


 また、タンパク質の摂取を肉類にばかり頼っていると、同時に脂肪も多量に摂取することになりかねませんし、肉類にはその他の栄養素も含まれていますので、それらの過剰摂取により悪影響を受ける可能性もあります。
 例えば、肉に含まれるリンなどの過剰摂取は骨からのカルシウムの溶け出しにつながり、特に高齢では骨を脆くする可能性があるとも言われていますから注意が必要です。


 5大栄養素をバランス良く含んだ規則正しい食事を心がけ、運動前後のプロテイン摂取の際に必要量の調整をしながらタンパク質を摂取することが大切です。


 このような栄養摂取の仕方が運動によってダイエットを成功させるための正しい方法です。


 プロテインについての詳細は運動によるダイエットとプロテインでご紹介しています。






 今回の記事は参考になりましたでしょうか。
 お気に召した方はブログランキングの投票にご協力をお願いします。
 ↓クリックで1票入ります。
にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
にほんブログ村



短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”



ダイエットブログ<ダイエットを運動で成功させる方法>

食事について

最新記事

 

Copyright(c) 2013 ダイエットを運動で成功させる方法 All Rights Reserved.