ダイエットを運動で成功させる方法 » 成功のために » ホメオスタシスの罠、ダイエットの停滞期について

ホメオスタシスの罠、ダイエットの停滞期について



グルテンフリーダイエット ← 今、世界のセレブやスーパーモデル達に大流行の、ストレスを感じないダイエット



 ダイエットを始めると、多くの場合で体重の減少が停滞する時期が訪れます。
 これに深く関わっているものが、ホメオスタシスという人間の生命維持のために備わった恒常性機能です。
 本来、人間の身体は健康で安定した状態を維持するようにできています。
 これは、常時の健康状態を身体が記憶しており、何かしらの変化が起きた際に、元の状態へ身体を戻そうとする機能です。
 この変化が僅かなもので生体の健康に問題がないと判断できるのであれば、ホメオスタシス機能は基本的には働くことがないのですが、急激な変化などを感知して危機を感じた場合には、速やかにその機能を働かせ元の状態へ戻そうとします。


 例えば、体温が上昇した場合に汗を出してその熱を発散し体温を下げることや、細菌やウイルスなどの病原体が体内に侵入してきた場合などに免疫機能によってそれを排除すること、また、障害などによって負傷した部位を修復することなどもこの機能によるものです。


 人間には、この機能が備わっているために、健康な状態を維持できていると考えてもよいでしょう。


 しかし、ダイエットについて言えば、この機能は大変わずらわしいもので、この働きのことを理解していないと、体重減少の停滞期にダイエットを諦めて中止してしまうといったことになりかねません。


 そこで、今回はダイエットに関係するホメオスタシス機能について、解説をしたいと思います。


 通常ダイエットを始めた当初は、正しい知識の元に行なっていれば順調に体重が減少していきます。
 しかし、運動によってダイエットをしているのであれば、その後の筋肉量の増大に伴って一時的に体重が増加することがあります。
 このことはホメオスタシス機能とは関係が無く、ダイエットを始めたら体重が増える?で説明した通りです。
 そして、その期間を経過すると再び体重の減少が始まりますが、その後、ダイエットによる体重減少がおよそ5%を超えたあたりから、ホメオスタシス機能が働きだし体重の減少が停滞することになります。
 ここまでの体重減少が非常に緩やかなものであれば、この機能は発動しないともいわれていますが、効果を焦って急激に体重を減少させようとすると、ホメオスタシス機能は生命維持に危機を感じ、それ以上の体重減少を食い止めようと働き出すことになります。


 この機能が働きだすと、摂取した食物からできるだけ多くの栄養分を搾り出し体内に蓄積させようとし、多くのエネルギーを消費する筋肉を分解するなどして基礎代謝でのカロリー消費を抑えるようになります。
 従って、それまでと同量の食事量であったとしても、体内に取り入れられ蓄積されるエネルギー量は増加してしまいますし、消費するエネルギー量も減少することになりますから、その結果、体重の減少が停滞するということになります。


 そこで、多くの方が、この段階で効果が上がらなくなることでダイエットを諦めて中止してしまうのですが、ホメオスタシス機能が働いているこの時期は、食品からの栄養分の体内への摂取率が通常時よりも高まっているわけですから、ここで、ダイエットを止めてしまい通常通りの食事をし、生活を元に戻したらダイエット開始前よりも間違いなく太ってしまいます。


 この段階でダイエットを中止することが、リバウンドを起こす一番のリスクを抱えることになるのです。


 しかし、この段階を無事に過ごすことができれば、一定の期間がかかることになりますがホメオスタシス機能は解除されます。
 この機能が解除されることで、再び体重の減少が始まりますから、この段階は辛い時期かもしれませんが、決して諦めずに続けることが大切です。
 ダイエットの維持継続方法で説明したように、運動を楽しんでいたら、いつの間にかまた体重が減り始めていたというようなことが大切です。
 ここで、イラついたりすることもストレスになり、カタボリックホルモンとアナボリックホルモンで説明したように、更なる筋肉量の減少を招きます。


 しかし、この段階で、消費カロリーを増やすために運動量をコントロールすることができれば、ホメオスタシス機能が発動していても、その効果を最小限に抑えることもできるでしょう。
 当然この際に、無理な食事制限をしないことと、障害によって運動の中断を余儀なくされるようなことのないように、オーバーワークにならない計画的なトレーニングを行なわないといけません。


 また、ホメオスタシス機能を解除するために、食事量を一時的に増やすといった方法もあるのですが、これには当然リスクもありますので、お勧めはしません。
 場合によっては、多量に食べる快楽に心が折れてしまうかもしれませんからね(^^)。






 今回の記事は参考になりましたでしょうか。
 お気に召した方はブログランキングの投票にご協力をお願いします。
 ↓クリックで1票入ります。
にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
にほんブログ村



短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”



ダイエットブログ<ダイエットを運動で成功させる方法>

成功のために

最新記事

 

Copyright(c) 2013 ダイエットを運動で成功させる方法 All Rights Reserved.