ダイエットを運動で成功させる方法 » 筋肉について » 男性のダイエットにおけるテストステロンと無酸素運動

男性のダイエットにおけるテストステロンと無酸素運動



グルテンフリーダイエット ← 今、世界のセレブやスーパーモデル達に大流行の、ストレスを感じないダイエット



 男性がダイエットをしようとする場合、その多くの”きっかけ”は生活習慣病かもしれません。
 管理人の周囲の男性は、健康診断で問題点をチェックされたことで健康に危機を感じ、ダイエットを始めているように思います。
 もちろん、ダイエットの”きっかけ”は何でも良いのですが、せっかく始めるのですから、成功させたいですよね。
 そこで今回は、男性が運動によるダイエットを成功させる上で重要な役割をする男性ホルモンのテストステロンと無酸素運動について解説したいと思います。


 男性ホルモンであるテストステロンには、筋肥大を促進する効果があるといわれていますので、女性に比べてテストステロン値の高い男性は、もともと無酸素運動による速筋トレーニングの効果が出やすくなっています。
 従って、基礎代謝による脂肪燃焼効果も比較的簡単に向上しますから、男性が運動によるダイエットをするのであれば、無酸素運動をしっかりと取り入れることは高い効果を期待できます。(ドーピング検査でよく話題に上がる、筋肉増強剤のアナボリックステロイドはテストステロンの類似物質で、テストステロンに似た作用を持ちます。)


 また、テストステロンは成長ホルモンを刺激することで筋肉の合成を助け、筋肉の分解を促進してしまうカタボリックホルモンのコルチゾールの作用を抑制することも報告されています。(カタボリックホルモンについては、カタボリックホルモンとアナボリックホルモンを参照して下さい。)
 従って、筋肉の再合成のタイミングにテストステロンが十分に分泌されていれば、筋肥大は効率よく進むと考えられます。
 しかし、精神的なストレスや、オーバートレーニング、過度な食事制限による低栄養状態などの肉体的ストレスは、テストステロンの分泌を減らし、カタボリックホルモンであるコルチゾールの分泌を促進してしまいますから注意が必要です。


 通常、テストステロンは適度な筋力トレーニングを行なうことで分泌量が高まることがわかっていますが、その他にも、興奮状態がテストステロンの分泌を促進することもわかっています。
 実験では興奮状態をもたらす危険な行為をすることによって、普段の100倍近いテストステロン値が検出された事例もあります。
 また、男性の皆さんには経験があるかと思いますが、このような興奮状態にあるときは痛みを感じなかったりします。(例えば、興奮して喧嘩をしているときなどは、殴られてもさほど痛くなかったのに、終了後、興奮が冷めてくると急に痛みが増してきたりします。)
 これもテストステロンの効果であるといわれています。


 また、テストステロン値が減少すると、心臓疾患、糖尿病 脳梗塞などのいわゆる成人病や、男性更年期 不眠、うつ病、認知症などの精神病も引き起こすリスクが高まるといわれています。
 逆に、これらの病がテストステロン値を減少させるともいわれているのですが、相関関係があるのは確かのようです。


 沖縄で今年最も売れたカレンダーは、マッチョの消防士の半裸写真がテーマのカレンダーだったそうです。
 男性が運動でダイエットの成功を目指すのであれば、無酸素運動でしっかりと速筋をトレーニングして、かっこよく引き締まったボディーメイクをしたいですよね。
 そのためにも、日頃から栄養状態やストレスには注意して、テストステロン値を高く維持しましょう。






 今回の記事は参考になりましたでしょうか。
 お気に召した方はブログランキングの投票にご協力をお願いします。
 ↓クリックで1票入ります。
にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
にほんブログ村



短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”



ダイエットブログ<ダイエットを運動で成功させる方法>

筋肉について

最新記事

 

Copyright(c) 2013 ダイエットを運動で成功させる方法 All Rights Reserved.