ダイエットを運動で成功させる方法 » 方法について » 運動によるダイエットでのウォーミングアップの必要性

運動によるダイエットでのウォーミングアップの必要性



グルテンフリーダイエット ← 今、世界のセレブやスーパーモデル達に大流行の、ストレスを感じないダイエット



 ダイエットを運動によって成功させようとするのであれば、有酸素運動によって運動代謝での脂肪燃焼を促進し、無酸素運動によって基礎代謝での脂肪燃焼能力を高めていくことが理想的な方法です。


 また頻度に関しては、有酸素運動であればできる限り毎日行なうことがダイエット効果を高めるためには大切です。
 そして、無酸素運動については、効果を最大限に高めるために最大筋力を発揮してトレーニングを行なうのであれば、疲労の蓄積による不効率化や、障害の防止の観点からも、二から三日おき程度が良いと思います。
 もちろん、前日と違った部位をトレーニングするのであれば、毎日行なうことも問題ないと思います。


 しかし、いずれにしても、もしも重篤な障害を負ってしまうと長期の間運動を休まなければなりませんので、その間にせっかく積み重ねてきた、心肺機能の効率化や、ミトコンドリアの増加による脂肪燃焼能力、筋肥大による基礎代謝での脂肪燃焼能力などが失われてしまいます。
 また、定期的に運動を続けていることで身についてきた、長時間の有酸素運動に耐えられる体力や、大きな負荷に耐えられる筋力も失われていきます。
 少しでも早く効果を挙げたいと思っていても無理をすることは、ひとつも利がありませんから重々注意してください。


 そこで、今回は、運動によるダイエットをする際に障害から身を守るための、ウォーミングアップの必要性について説明をしたいと思います。


 まず、どんな運動をするのであっても、第一に行なうことは、ウォーミングアップであるべきです。
 この文字が示しているとおり、ウォーミングアップの目的は身体を温めることです。
 よく、運動現場で、ちょいちょいとストレッチをして(1から8まで数える程度で)すぐに本格的に目的の運動を始めてしまう方がいますが、これではいつか必ず怪我をします。
 また、このストレッチの際に、反動をつけてぐいぐいと伸ばすようなことをしていると、冷え切って柔軟性を失っている筋肉が断裂してしまう危険もあります。
 ウォーミングアップという言葉の意味をしかっりと理解して、十分に身体を温めてからトレーニングをする習慣を身に着けなければいけません。


 具体的には、基本的なウォーミングアップは、ごく軽い有酸素運動から始めることが理想です。
 ウォーキングから始めて、軽いジョギングに移り、身体が温まってきたと感じたら、ストレッチをすると良いと思います。
 最初の有酸素運動で最低でも15分はかけるべきです。
 そしてここでのストレッチの際には、筋肉が温まっているために良く伸びますから、伸ばしすぎて傷めてしまうことのないように注意してください。
 反動をつけずに、ゆっくりと息を吐きながら、その呼吸に合わせるように伸ばしていきます。
 一箇所につきおよそ90秒のストレッチを目安にすると良いでしょう。


 また、ウォーミングアップをすることは、障害の防止とともに、目的の運動を開始した直後から、最大のパフォーマンスを得るためにも重要な役割を果たします。


 負荷の高い無酸素運動をするのであれば、ウォーミングアップが必要だということは誰もが直感的に理解できることだと思いますが、有酸素運動をする場合でも、前述したようなごく軽い負荷での有酸素運動によるウォーミングアップをするべきです。
 体内の脂肪を燃焼させるための過程は複雑で、脂肪を運動のためのエネルギーとして十分に利用できるようにするまでには15分ほどかかります。
 ウォーミングアップによって体温が上昇することで、脂肪分解酵素リパーゼが活性化し、体内の脂肪を血中に遊離脂肪酸として放出します。
 有酸素運動をすると、いきなり体脂肪がそれぞれの場所で燃え出すというわけではありません。
 脂肪分解酵素リパーゼの働きによって、各部位から血中へ放出された脂肪酸が血流に乗って筋肉へと運ばれて、遅筋繊維内のミトコンドリア細胞内小器官で酸化燃焼されて初めて運動のエネルギーになります。
 この経緯には一定の時間が必要になりますから、有酸素運動といえどもここまでの間は、主に糖質を運動のエネルギーとして行なわれることになります。
 この間の脂肪燃焼はたいして期待できないということです。
 また、ストレッチによって筋肉を緩め血液の流れを良くすることで、有酸素運動に必要な酸素や脂肪酸の筋肉への供給の効率化も図れると考えられます。
 従って、ウォーミングアップ不足の状態であれば、有酸素運動においても最大のパフォーマンスは期待できないということです。
 このことは、有酸素運動であるマラソンをする選手たちが、スタート前にウォーミングアップを行なっていることを考えればわかることですね。


 ウォーミングアップは、本格的な運動を始める前に、身体に対してそのための準備をする大切なものです。
 運動によるダイエットの効果を高めたいのであれば、必ず適切に行いたいですね。






 今回の記事は参考になりましたでしょうか。
 お気に召した方はブログランキングの投票にご協力をお願いします。
 ↓クリックで1票入ります。
にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
にほんブログ村



短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”



ダイエットブログ<ダイエットを運動で成功させる方法>

方法について

最新記事

 

Copyright(c) 2013 ダイエットを運動で成功させる方法 All Rights Reserved.