ダイエットを運動で成功させる方法 » 運動について » 運動によるダイエットの基本について

運動によるダイエットの基本について



グルテンフリーダイエット ← 今、世界のセレブやスーパーモデル達に大流行の、ストレスを感じないダイエット



 今回は、ダイエットを運動で成功させるにあたり、理解しておいたほうが良い基本的なことがらについて説明したいと思います。


 当然のことですが、皆さんも良くご存知の通り、ダイエットを成功させるためにはカロリー摂取量よりも、カロリー消費量を多くしなければいけません。


 人間は飲食をすることで、体内にエネルギーの源となる物質を取り込みます。
 この飲食物のエネルギー量は「カロリー」という単位で表現されます。
 そして、飲食した合計分のカロリーが、その時の「カロリー摂取量」です。
 また、人間が活動するためには、その活動に見合ったエネルギーが必要です。
 私たちは、飲食によって体内に取り入れた糖質、脂質などを、”代謝”という過程をへて、その活動のためのエネルギーとして利用しています。
 このときの代謝によって失われたカロリー量が、「カロリー消費量」になります。


 運動によるダイエットをする場合、通常この”代謝”について、基礎代謝と運動代謝の二つに分けて考えなくてはいけません。


 ここでいう基礎代謝とは、自分自身の生命維持と身体の保持のためにエネルギーを消費することを指します。
 例えば、内臓などの自分自身の意思で動かしていない部分も、常にその活動のためにエネルギーを消費していますし、また、筋肉が筋肉自身の量を維持するためにもエネルギーを必要とし、カロリーを消費しています。


 そして、もうひとつの代謝である運動代謝とは、もちろん運動活動によってカロリーを消費することを指します。


 もしも、カロリー摂取量がカロリー消費量を上回ってしまえば、その余剰分は、体内に脂肪として蓄えられることになり、体重やウェストサイズを増やしてしまいます。
 困ったことに、もともとかつて古代の人間は食物事情が悪かったため、いつでも好きなだけ食べられるという訳にはいきませんでした。
 そこで、しばらくのあいだ食べられなくとも大丈夫なように、この余剰分のカロリーを次の活動のためや、自分自身の身体を保持するために脂肪として体内に蓄積するようになりました。
 カロリー摂取量と消費量のバランスが崩れると、太ってしまうのはこのためです。


 当サイトの管理人が推奨する「ダイエットを運動で成功させる方法」とは、運動によって、基礎代謝、運動代謝、上記の二つの ”代謝”を高め、カロリー消費を促進するということです。


 そして、この運動代謝を活発化するためには、運動によって「脂肪を燃やす」ということが大切です。
 この「脂肪を燃やす」というのは、脂肪をエネルギーとして利用する過程で、脂肪を酸化させて、熱を生成するということです。
 よくカロリーのことを熱量などと呼ぶのはこのためです。
 もちろん、酸化させるためには、酸素を使います。
 このようなことから、運動代謝によって効果的に脂肪を燃やすためには、運動時に酸素を必要とする運動形態である有酸素運動といわれている運動が理想的だといえます。


 また、基礎代謝は、内臓などの活動を支えているのと同時に、自身の筋肉を維持するためにカロリーを消費すると前述しました。
 内臓の活動は自分では制御できませんが、筋肉量は運動によってコントロールすることが可能です。
 筋肉の維持に使われるエネルギーは、その筋肉の量に比例します。
 従って、運動によって筋肉量を増やせば、その筋肉を維持するために多くのカロリーを消費させ、基礎代謝での脂肪燃焼量を増やすことができるのです。
 無酸素運動といわれている運動は、筋肉量を増やすのに適していますので、これをダイエット運動として取り入れることで、基礎代謝でのカロリー消費を促進することが可能になります。


 以上に説明したとおり、前述の有酸素運動と、無酸素運動を上手に組み合わせることができれば、カロリー消費を増やし、ダイエットを効率良く成功させることができるのです。


 以上のことが、当サイトの管理人が推奨する「ダイエットを運動で成功させる方法」の基本です。






 今回の記事は参考になりましたでしょうか。
 お気に召した方はブログランキングの投票にご協力をお願いします。
 ↓クリックで1票入ります。
にほんブログ村 ダイエットブログ 運動ダイエットへ
にほんブログ村



短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”



ダイエットブログ<ダイエットを運動で成功させる方法>

運動について

最新記事

 

Copyright(c) 2013 ダイエットを運動で成功させる方法 All Rights Reserved.