方法について

実際に運動によるダイエットを始めるとしたときに、知識が乏しい状態でがむしゃらに行なったとしてもその効果は薄いものになってしまうでしょう。当然結果をだすためには、必要とされる期間での運動の継続を維持することが不可欠です。これについて一番の問題になってしまうことは、途中で怪我などの障害を負ってしまい運動の中断を余儀なくされてしまうことです。これは、正しい知識をもって正しい手順を誤らなければ防げる可能性も高いものです。従って、正しい知識は、ダイエットを運動でするのであれば、必ず頭にいれておくべき重要なことがらです。また、効率の良いエクササイズの方法を知ることも非常に重要なことです。これは疲労の軽減にもつながることですから、このこと自体が継続していく上で役立ちますし、疲労からの怪我などを防止するためにも大切なことです。このカテゴリーでは、効率を良くすることと、障害を防止するために知っておきたいことについて解説しています。

絶食ダイエット方法・低糖質ダイエット方法に潜む危険とケトン体

 絶食ダイエットや、低糖質ダイエットに痩身効果があることは紛れも無い事実ですが、これらのダイエット方法には、常に体調不良につながる危険があることも忘れてはいけません。  このようなダイエット方法は、かなり昔から提唱され実践されてきましたが、もちろん多数の成功事例もあるのですが、身体に変調をきたし問題になってしまうケースも多々あるようです。  従って、これらの方法によってダイエットをするのであれば、医療機関との相談は必須の条件です。  くれぐれも、自分だけの判断で行なうことは慎まなくてはいけません。  そこで、今回の記事では、これらのダイエット方法の理論と危険について解説したいと思います。...
» 絶食ダイエット方法・低糖質ダイエット方法に潜む危険とケトン体の続きを読む

加圧トレーニング方法が効果的な理由

 近年はさまざまなトレーニング現場で、筋肥大を比較的少ない負荷のトレーニングによって効率的に引き起こす方法として、加圧トレーニングが実践されています。  加圧トレーニングについては、筋肉トレーニングについて少なからず興味のある方であれば、一度は聞いたことがあるのではないかと思いますが、今回の記事では、そのメカニズムや具体的な進め方を簡単に説明したいと思います。  近年の筋肥大を目的としたトレーニング方法は、かつて推奨されていたような理想とされるひとつの方法に集約されるものではなくなりました。  これは、筋肥大につながる筋タンパク合成が、筋繊維の微細な断裂、損傷を修復するためのみに行なわれる...
» 加圧トレーニング方法が効果的な理由の続きを読む

スロートレーニングがダイエットを簡単にする

 ダイエットを運動によって行なう際には、無酸素運動による速筋トレーニングを取り入れることが理想の方法であることは幾度も説明してきたところです。  無酸素運動により鍛えられた速筋は、その運動の刺激により徐々に発達していきます。  これは、運動により筋繊維が収縮することで発生する物理的なストレスが筋細胞を刺激し、筋タンパクの合成を促し筋肥大を起こすことにつながるということです。  このように筋タンパク合成が活発に行なわれ筋肉が肥大化することにより、その肥大した筋肉を維持するためのエネルギーとして基礎代謝での脂肪の燃焼量が高まることになります。  また、発揮できる力量は筋肉の断面積に比例して向...
» スロートレーニングがダイエットを簡単にするの続きを読む

水太り(細胞内浮腫、細胞外浮腫)の原因と解消法について

 ダイエットを運動で行なっている場合には、体脂肪率は低めであるのに体重は重めといったことが、しばしば起こりうることです。  バランス良くしっかりとした食事を摂って、筋肥大につながる無酸素運動を正しく行なっていれば、筋肉は脂肪に対して比重が高いのですから、これは当然ありえることです。  おそらく、このような方は、体重から想像される”ぽっちゃり”とした体型と反して、引き締まった美しいボディーラインをしているはずです。  このケースは、ダイエットの完成形に近づいているわけですからもちろん何の問題もありませんし、筋肉量が増加してきていると考えられますから、油断をせずに継続していれば、ますます基礎代謝...
» 水太り(細胞内浮腫、細胞外浮腫)の原因と解消法についての続きを読む

ダイエットを運動で成功させるために失敗しない目標設定の方法

 ダイエットを成功させるためには、目的を持つことと、適切な目標設定をすることが大切だということは言うまでもありません。  しかし、ダイエットの”目的”は多くの場合自然に発生するものですから、敢えて考える必要はないと思いますが、”目標”については自ら良く考えて設定しないと効果が上がらなくなってしまいますから注意が必要です。  目標がはっきりと無いまま、なんとなくダイエットをしていると、少し疲れていたり、忙しかったりすると、今日は止めておいて明日から頑張ろうなどと考えてしまい、そういうことが続くうちに、だんだんサボることに慣れてしまい、いつのまにか中断、ついには中止となりがちです。  ダイエッ...
» ダイエットを運動で成功させるために失敗しない目標設定の方法の続きを読む

部分痩せと局部トレーニング

 ダイエットをする上で、部分痩せを望んでいる方は多いと思いますが、これは、全身のトータルバランスを見た場合に、美しくカッコ良いボディーラインを作りたいということですよね。  しかし、食事制限やサプリメントでのダイエットでは、部分痩せは不可能です。  人間は生命を維持するために、体内の脂肪をそのエネルギーとして活用しています。  この脂肪は、経口摂取した食物の糖分や脂肪分が体内に貯蔵されたものです。  従って、生命維持に使用されるエネルギーとしての脂肪の分量よりも体内に貯蔵される脂肪の分量を少なく抑えることができれば、体内の脂肪を減少させることができます。  当然のことですが、食べなければ痩...
» 部分痩せと局部トレーニングの続きを読む

ダイエットスポーツとしてのテニス

 ダイエットを運動で行なうとした場合、手軽に始められるウォーキングエクササイズやジョギングエクササイズは、正しい方法で行なうことと、運動にかける時間を必要十分な長さに設定することができれば、それなりの結果が見込まれる効果的なスポーツであると思います。  しかし、ダイエットの成功を考えた場合、最も重要になるところはその運動を継続できるかどうかです。  一時的に痩せたとしても、そこで運動を止めてしまうと最悪の場合ホメオスタシス機能によって以前の体重よりも増加することだって有り得ます。  (ホメオスタシスについてはホメオスタシスの罠、ダイエットの停滞期についてを参考にして下さい。)  ウォーキング...
» ダイエットスポーツとしてのテニスの続きを読む

運動後のアイシングについて

 前回は、運動によるダイエットを効果的に、及び、効率良く成功させる方法として、ウォーミングアップ、無酸素運動、有酸素運動、クールダウンの順序に沿って進めていくことの有意性について解説しました。  詳しくは運動によるダイエットでのクールダウンの必要性でご確認ください。  そこで今回は、前回説明したクールダウン時のアイシングについて説明をしたいと思います。  まず、アイシングとはその文字が示すとおり、冷やすということです。  通常クールダウンでのアイシングは、運動後、氷や冷水などを使って運動に使用した筋肉を急激に冷やすことを意味します。  また、アイシングは運動時に捻挫や筋断裂などの障害を...
» 運動後のアイシングについての続きを読む

運動によるダイエットでのクールダウンの必要性

 運動によるダイエットを効率良く成功させるための方法として、ウォーミングアップ(主に障害の防止、脂肪燃焼の準備)をはじめに行ない、次に無酸素運動(成長ホルモンの分泌促進による脂肪分解酵素リパーゼの活性化、運動後の筋肥大による基礎代謝の向上)、そして有酸素運動(脂肪分解酵素リパーゼの活性化によって血液中に放出された遊離脂肪酸を酸化燃焼)の順番で行なっていくことが理想であることを説明しました。  詳細は運動によるダイエットでの順序における注意点でご確認ください。  そして、この一連の流れの最後に行なうべきは”クールダウン”です。  そこで今回は、この”クールダウン”の必要性について説明したいと...
» 運動によるダイエットでのクールダウンの必要性の続きを読む

運動によるダイエットでの順序における注意点

 運動によるダイエットを成功させるためには、有酸素運動と無酸素運動をバランス良く組み合わせることが、もっとも効果的な方法であると幾度も説明をしてきましたが、実際に運動によるダイエットを始めてみると、具体的にどのようなバランスで、また一日の運動のなかで、どのような流れでこの二つの運動を行なっていくのが効果的な方法なのか悩むところであると思います。  そこで今回は、運動によるダイエットを効率良く成功させるための順序について説明をしたいと思います。  まず、一連のダイエットエクササイズのうち最初に行なうべきことは、運動によるダイエットでのウォーミングアップの必要性で説明をしたようにウォーミングア...
» 運動によるダイエットでの順序における注意点の続きを読む

運動によるダイエットでのウォーミングアップの必要性

 ダイエットを運動によって成功させようとするのであれば、有酸素運動によって運動代謝での脂肪燃焼を促進し、無酸素運動によって基礎代謝での脂肪燃焼能力を高めていくことが理想的な方法です。  また頻度に関しては、有酸素運動であればできる限り毎日行なうことがダイエット効果を高めるためには大切です。  そして、無酸素運動については、効果を最大限に高めるために最大筋力を発揮してトレーニングを行なうのであれば、疲労の蓄積による不効率化や、障害の防止の観点からも、二から三日おき程度が良いと思います。  もちろん、前日と違った部位をトレーニングするのであれば、毎日行なうことも問題ないと思います。  しかし...
» 運動によるダイエットでのウォーミングアップの必要性の続きを読む

方法について

最新記事

 

Copyright(c) 2013 ダイエットを運動で成功させる方法 All Rights Reserved.