運動について

ダイエットと運動の関係は、その成功と維持にとって切り離すことができないものだと思います。まず成功について考えてみると、これにより作られる身体は美しい曲線を描き、男性であっても、女性であっても、異性にであっても、同性にであっても羨望される完成された肉体を得ることができると思います。また、その維持ということについて考えてみれば、体内のシステムは負荷に対する耐性を獲得するために、絶えず進化をしていきます。これにより、全身の代謝能力などの向上がはかられて、より多くのカロリーを消費し、より大きなエネルギーを活用することができる適した身体を作ることになります。このことにより作られた身体は、常時体脂肪を燃焼し続ける理想の身体です。このカテゴリーでは、運動の種類やその注意点、エクササイズの方法などについて解説しています。

水中ウォーキングは初心者に優しく効果的なダイエット運動方法

 ダイエット運動として、ジョギングやウォーキングをしている方は多いと思います。  また、これから一念発起してダイエットを始めようとしている方のなかにも、ジョギングやウォーキングといった運動からと考えている方は多いのではないでしょうか。  しかし、肥満が相当に進行している方や、膝や腰に障害などを負っている方はよくよく注意をしなくてはなりません。  これらの運動を行なう際に早く効果を上げたいなどと無理をすれば、膝や腰の状態を悪化させてしまう可能性があるからです。  また、残念ながらそのことによりダイエットの継続を断念せざるを得ない結果につながる危険もあります。  これらの陸上で行なうジョギン...
» 水中ウォーキングは初心者に優しく効果的なダイエット運動方法の続きを読む

加圧トレーニング方法が効果的な理由

 近年はさまざまなトレーニング現場で、筋肥大を比較的少ない負荷のトレーニングによって効率的に引き起こす方法として、加圧トレーニングが実践されています。  加圧トレーニングについては、筋肉トレーニングについて少なからず興味のある方であれば、一度は聞いたことがあるのではないかと思いますが、今回の記事では、そのメカニズムや具体的な進め方を簡単に説明したいと思います。  近年の筋肥大を目的としたトレーニング方法は、かつて推奨されていたような理想とされるひとつの方法に集約されるものではなくなりました。  これは、筋肥大につながる筋タンパク合成が、筋繊維の微細な断裂、損傷を修復するためのみに行なわれる...
» 加圧トレーニング方法が効果的な理由の続きを読む

スロートレーニングがダイエットを簡単にする

 ダイエットを運動によって行なう際には、無酸素運動による速筋トレーニングを取り入れることが理想の方法であることは幾度も説明してきたところです。  無酸素運動により鍛えられた速筋は、その運動の刺激により徐々に発達していきます。  これは、運動により筋繊維が収縮することで発生する物理的なストレスが筋細胞を刺激し、筋タンパクの合成を促し筋肥大を起こすことにつながるということです。  このように筋タンパク合成が活発に行なわれ筋肉が肥大化することにより、その肥大した筋肉を維持するためのエネルギーとして基礎代謝での脂肪の燃焼量が高まることになります。  また、発揮できる力量は筋肉の断面積に比例して向...
» スロートレーニングがダイエットを簡単にするの続きを読む

ダイエットスポーツとしてのテニス

 ダイエットを運動で行なうとした場合、手軽に始められるウォーキングエクササイズやジョギングエクササイズは、正しい方法で行なうことと、運動にかける時間を必要十分な長さに設定することができれば、それなりの結果が見込まれる効果的なスポーツであると思います。  しかし、ダイエットの成功を考えた場合、最も重要になるところはその運動を継続できるかどうかです。  一時的に痩せたとしても、そこで運動を止めてしまうと最悪の場合ホメオスタシス機能によって以前の体重よりも増加することだって有り得ます。  (ホメオスタシスについてはホメオスタシスの罠、ダイエットの停滞期についてを参考にして下さい。)  ウォーキング...
» ダイエットスポーツとしてのテニスの続きを読む

ジョギングダイエットにおける注意点と具体例

 運動によるダイエットで痩せようと思ったときにまず最初に思いつくのは、ジョギングエクササイズではないでしょうか。  ジョギングとはスローペースでのランニングのことを指しますが、明らかに長距離を走るマラソンランナーは痩せてスリムな体型をしていますから、普通に考えれば、ジョギングのダイエット効果は間違いなく高いものであると想像できます。  実際のところも、有酸素運動であるジョギングは運動による脂肪燃焼効果において理想的な運動です。  しかし、手軽に始められる運動ですが、効率的に痩せるということを考えると、やはりただ闇雲に走れば良いというわけにはいきません。  そこで、今回は、ジョギングダイエット...
» ジョギングダイエットにおける注意点と具体例の続きを読む

ダイエットウォーキングを効果的にするための注意点

 最近は、日が落ちてから住宅街を歩いていると、スポーツウェアでウォーキングをしている幾人もの人とすれ違います。  このような住宅街ウォーカーの内の多くの方がダイエットを目的にしていることは容易に推測できるところですが、その体型や歩くフォームなどは人によって様々です。  これらの方の中には、理想的なフォームでウォーキングをしている方もいて、このような方のほとんどはスリムであって、しかもかっこ良いボディーラインをしています。  そして何よりの特徴は大股で颯爽と歩いているということです。  しかし、中にはウォーキングの脂肪燃焼効果が感じられない体型で、猫背であって小さな歩幅で足を引きずるようなこじ...
» ダイエットウォーキングを効果的にするための注意点の続きを読む

運動時のエネルギー生成のメカニズム

 今回は、摂取した食物や飲料などから、運動のためのエネルギーがどのように生成されていくのかを解説したいと思います。  またもや専門的な内容になってしまいましたが、少しの間お付き合いください。  人間は、生命の維持のためや、運動をするために多くのエネルギーを必要とします。  食事により体内に取り入れた食物や飲料を消化吸収し、それを代謝することでエネルギーを作り出しています。  この代謝の種類は、有酸素性エネルギー代謝(酸化系エネルギー代謝)と無酸素性エネルギー代謝(解糖系エネルギー代謝)に分けられます。  これらの代謝により作られたアデノシン3リン酸(ATP)という物質が、筋肉を収縮させる...
» 運動時のエネルギー生成のメカニズムの続きを読む

カタボリックホルモンとアナボリックホルモン

 今回は、前回のダイエットにおける有酸素運動と無酸素運動の注意点2で触れた、カタボリックホルモンと、それに対抗するアナボリックホルモンについて解説します。  多少、専門的な内容ですが、少々お付き合いください。  まず、カタボリックとは、筋肉を分解してエネルギーに変えてしまうことを意味します。  当然、この作用は筋肉量を減らすことにつながります。  これに対して、アナボリックとは、筋肉を合成することを意味します。  これは、筋肉量が増えるということです。  カタボリックホルモンの代表的なものに、前述したコルチゾールがあります。これには、筋肉などのタンパク質を分解する作用があります。  アナ...
» カタボリックホルモンとアナボリックホルモンの続きを読む

ダイエットにおける有酸素運動と無酸素運動の注意点その2

 効率良く運動によるダイエットを成功させるためには、運動によるダイエットの基本についてで示したとおり、”有酸素運動により、運動による脂肪代謝を促進し、無酸素運動により筋肉量を増やすことで、基礎代謝を促進するという形態を続けること”です。  しかし、残念ながら、始めてすぐには目に見える大きな効果が見込めないのが現実です。  例えば、無酸素運動により、筋肥大のためのトレーニングをしたとします。  皆さんご存知のとおり、すぐに”ムキムキ”にはなりませんよね。  筋肉を大きくするためには、疲労回復のタイミングにあわせてトレーニングを継続していかなくてはいけません。  有酸素運動についても、脂肪代...
» ダイエットにおける有酸素運動と無酸素運動の注意点その2の続きを読む

ダイエットにおける有酸素運動と無酸素運動の注意点

 運動によりダイエットを成功させるためには、カロリーを消費する過程で、身体内の脂肪を効果的に代謝させる必要があります。  カロリー消費量は、運動代謝と基礎代謝によって失われた熱量(カロリー)の合計です。  従って、有酸素運動により運動代謝を高め、無酸素運動により基礎代謝を高める必要があることは、運動によるダイエットの基本についてで示したとおりです。  そこで、今回は、それぞれの運動をする上での注意点について説明したいと思います。  まず第一は、”有酸素運動は、15分以上継続しないとダイエットの効果を期待できない”です。  運動をする際のエネルギーの使われ方には順序があります。  運動に...
» ダイエットにおける有酸素運動と無酸素運動の注意点の続きを読む

ダイエットと無酸素運動

 運動によるダイエットの基本についての記事で触れたように、運動の種類は有酸素運動と無酸素運動に分けることができます。  前回の記事では有酸素運動について説明をしましたので、今回は無酸素運動について解説したいと思います。  まず、有酸素運動と無酸素運動の違いについて大まかな説明をすれば、有酸素運動が持久・持続的な運動であるのに対し、無酸素運動は瞬発的な運動形態だということです。  そして、この名が示すとおり、有酸素運動はその運動のために酸素を必要とし、無酸素運動は酸素を必要としません。  また、有酸素運動は、体内の脂肪分を主なエネルギー源にして行われるのに対し、無酸素運動は、筋肉内の糖分をそ...
» ダイエットと無酸素運動の続きを読む

ダイエットと有酸素運動

 運動によるダイエットの基本についての記事で触れたように、運動の種類は有酸素運動と無酸素運動に分けることができます。  有酸素運動はその名が示すとおり酸素を必要とする運動形式で、運動中に酸素を体内に取り込みながら、体内に貯蔵されている脂肪分を酸化させて(燃焼ともいいます)その運動のエネルギーとして活用します。  通常、運動をする際は糖分と脂肪分がそのエネルギーとして使われます。  運動の種類、仕方によってこれらの使われ方のバランスは変わりますが、有酸素運動を行なうと、その運動のために使用(代謝)されるエネルギー源が主に脂肪になるということです。  言い換えれば、有酸素運動をした場合の運動で...
» ダイエットと有酸素運動の続きを読む

運動によるダイエットの基本について

 今回は、ダイエットを運動で成功させるにあたり、理解しておいたほうが良い基本的なことがらについて説明したいと思います。  当然のことですが、皆さんも良くご存知の通り、ダイエットを成功させるためにはカロリー摂取量よりも、カロリー消費量を多くしなければいけません。  人間は飲食をすることで、体内にエネルギーの源となる物質を取り込みます。  この飲食物のエネルギー量は「カロリー」という単位で表現されます。  そして、飲食した合計分のカロリーが、その時の「カロリー摂取量」です。  また、人間が活動するためには、その活動に見合ったエネルギーが必要です。  私たちは、飲食によって体内に取り入れた糖質...
» 運動によるダイエットの基本についての続きを読む

ダイエットは楽しく運動で

 ダイエットは、痩せるために必要な”カロリー消費”を継続することで成功します。  当然ながら、途中で止めてしまったのでは成し得ません。  しかし、ダイエットを失敗してしまう多くの人は、”続けなければいけない”と理解してはいるけれど、途中で挫折し、止めてしまうのです。  もちろん、なぜ止めてしまうのかと言えば、辛いからに他なりません。  ということは、辛くない方法でダイエットをすることができれば、ほとんどの人が、途中で挫折することなく、ダイエットを成功させられると考えることができます。  当然のことなのですが、ここがポイントになるところです。  例えば、好きな食べ物を我慢して食事制限をする...
» ダイエットは楽しく運動での続きを読む

ダイエットを運動で成功させる方法(はじめに)

 今の世の中、ダイエットを運動によって成功させたいと望んでいる方は、たいへん多いのではないでしょうか。  特に最近は、街を歩いていると朝、晩を問わずに、多数のジョギングランナーやウォーキングをしている人とすれ違います。  また、このサイトを訪れて、この記事をお読み下さっている方も、おそらく運動によるダイエットの成功を望んでいるか、もしくは、少なからず興味があるのではないかと思います。  はじめに結論を言ってしまえば、ダイエットを運動によって成功させるのは決して難しいことではありません。  皆さんも良くご存知の通り、人間は摂取したエネルギー量(カロリー摂取量)よりも、消費したエネルギー量(カ...
» ダイエットを運動で成功させる方法(はじめに)の続きを読む

運動について

最新記事

 

Copyright(c) 2014 ダイエットを運動で成功させる方法 All Rights Reserved.